フィギュアの大きさに制限はあるの?

フィギュアと言えば、卓上に置けるくらいのサイズが一般的ですが、物によっては背景のジオラマなどがあり、かなり大きな作品になることも多くあります。そんなフィギュアの買取も行ってもらえるのでしょうか?もちろんです。フィギュアの買取を行っているお店では、フィギュアの種類に関係なく買取を行っているのがほとんどです。まずは買取査定を申し込んでみましょう。

ソース→フィギュア買取 http://kaitoricollector.com/figure/

フィギュアの大きさの制限は?

qwequtd
ガチャガチャの景品などでもフィギュアを目にすることが多くなりました。精度も高く、飾るには申し分のないものばかりです。一般的にフィギュアと言って思いつくサイズは、15センチほどの高さだと思いますが、小さなものであれば、3センチくらいのものもあります。大きなものであると、高さも数十センチになったり、横幅が広くなったりと、とても卓上に飾れる大きさではなくなってしまいます。
フィギュアの買取の際に、これらの大きさに制限が発生することはありません。また、同じように、「大きいから高い」、「小さいからやすい」と言ったルールが設けられることはありません。全て需要量に合わせて取引が行われます。

小さいのを多数・大きいのを一つでもいいの?

もちろん構いません。一件の買い取り個数に制限が設けられている場合は、それに従う必要がありませんが、特に明記が無いという場合は、持っている分を全て売っても構わないでしょう。小さなものをたくさん売るときは、ばらばらに箱に詰めるのではなく、シリーズもので分けたり、キャラクターで分けたりなどしておくと、査定が早く済むでしょう。また、たくさんあることで、査定が適当になったりすることはありませんが、査定の時間が長くかかってしまう可能性がありますので、その点は了承しておきましょう。
フィギュア、と一口に言っても、そのジャンルは幅広くあります。アニメやゲームのキャラクターフィギュアから、動物などを模したもの、アンティークなものまで多数です。最近のフィギュアと言えば、やはりキャラクターものが大多数を占めます。手軽に手に入れられる時代ですので、その分、余ってくるものもあるのが事実です。そんなフィギュアは、フィギュア買取のお店に引き取ってもらいましょう。

多様なジャンルに対応しているお店

大抵のお店では、あまり幅を狭めての買い取りは行っていないようです。少年漫画のフィギュアも、少女漫画のフィギュアも幅広く取り扱っているというのがほとんどのようで、そのお店で販売をしていたとしても、買い取れるというのが大多数でしょう。
これは、買い取ったお店の分店などで、取り扱っているお店があれば、そこに卸したりするためであり、決して無駄なことではありません。一部のお店では、一つのジャンルしか買い取らない、というお店もあるようですが、そのようなお店は、きちんと買取広告に明記をしているので、確認しておきましょう。

どんなジャンルを買い取っているか調べるには

最近の買い取り店はインターネットサイトを持っていることが当たり前になりつつあります。そのため、どんなものが売れるかは、サイトをチェックすればわかるようです。売りたいお店のサイトに行って、買い取り実績を見たり、高額買い取り中の欄を見ると、どのようなものがどのくらいの値段で売ることができるかを確認することができるでしょう。売ろうかどうか迷っている場合には、こうして値段を確認すると良いでしょう。また、自分の持っているフィギュアのジャンルが偏っているという場合は、そのジャンルを専門に取り扱っているお店を探すと、高く買い取ってくれるかもしれませんね。

更新情報

△PAGE TOP